税金の還付とその計算方法

買取と廃車における税金の還付とその計算方法

自動車には名義があり、その自動車の名義などを示す書類が自動車検査証になっています。この名義についてもしその自動車に乗らないまたは使用しないといった場合には、廃車をする必要が出て来ます。また、その自動車を廃車する前に買取りという形で話が進むこともあり、その業者側がどう考えるのかによって話が変わってきてしまいます。

自動車の買取ではいくつか方法があり、名義変更という形で処理が行われることもあれば、抹消登録すなわち廃車の後に再度中古車新規登録が行われる場合もありますので、どちらの方法を選択するのかはその業者の考え方如何となってきます。
税金を還付してもらいたいと考える場合には、運輸支局での抹消登録が必要不可欠です。しかも抹消登録を行った月によって変化します。月割りでの計算を行い還付となりますが具体的には抹消登録を行った月の翌月から次の3月までの月割り分の税金が戻ってくるという仕組みになっています。

なお、この運輸支局での廃車手続きはいくつか種類があり、一般的には自動車の前後についているナンバープレートを外してそれを運輸支局に返納し、さらに車検証上の所有者の印鑑登録証明も添付する等運輸支局が求めている書類をすべてそろえて提出する流れで処理が行われます。このほかにも、ナンバープレートが返納できない事態が考えられるのが、交通事故等によりナンバープレートそのものが破損した場合です。文字が読めないほど破損してしまったりした場合には、返納するナンバープレートの文字が読めないということで返納できないケースがあり得ます。こうした場合にはナンバープレートが返納できないということで廃車、抹消登録ができないのかというとそんなことはなく、永久抹消登録という方法が選択可能です。ただ、一般的な方法ではないので、提出する書類も増えるなどして手間がかかるケースになってきます。

いずれの廃車方法、抹消登録方法でも、運輸支局で抹消登録をしたということには変わりはありません。そのため、その月までで自動車税の納税は済みますので、すでに納付済みの場合は月割りで税金が戻ってきます。この際には抹消登録をした側は特に抹消登録以外の手続きたとえば都道府県税事務所などへの申告などは不要で、勝手に自動車税の還付処理が行われ、金券という形で送られてきます。その金券を金融機関等に持って行ってお金が戻ってくるという仕組みになっているのが一般的です。”